僕のプロレス・ノート 第二回 ifの話 猪木と前田編 後編

僕のプロレス・ノート 第2回 ifの話 猪木と前田編 ②  ある日、どこかの料亭で。 「なぁ、アキラ。お前、どうする?」  イノキは、マエダのグラスに、ビールを注ぎ込んだ。  白い泡が、溢れそうになるが、マエダは、そのグラスを取ろうとはしない。  不機嫌さを隠そうともせず、イノキの顔をにらみつける。 「イノキさん、プロレス道って、なんなんすか?イノキさんだって、ラッシャーさん、…

続きを読む

僕のプロレス・ノート 第二回 ifの話 猪木と前田 編

僕のプロレス・ノート 第2回 ifの話 猪木と前田編 ①   昨年、『1984年のUWF』が、発売されました。 そのセンセーショナルな内容に、ファンだけではなく、当時の関係者も巻き込み、論争が繰り返されました。 そして、その内容に関して、『証言 UWF 最後の真実』『前田日明が語るUWF全史 上下巻』など、別視点から書かれた書籍も立て続けに発売され、UWFの『真実』の行方は、ますます混…

続きを読む

僕のプロレス・ノート 第1回 猪木の生きざま、猪木の死にざま (後編)

僕のプロレス・ノート 第1回 猪木の生きざま、猪木の死にざま (後編)  と、言うわけで、続くのでありました。  この試合をした時の猪木の年齢は、なんと53歳!  今なら、リキプロとかドラディション、マスターズあたりに出ていてもおかしくない年齢です。  そんな猪木が、現役バリバリ、全盛期と言っても過言でないくらいのベイダーを相手にして、とにかく技を受けまくるわけですよ。  ユ…

続きを読む