僕のプロレス・ノート ファイプラーは、どこまで自虐的になれるのか

僕の家庭用ゲーム機は、ファイプロと共にある。 ファイヤー・プロレスが、PCエンジンで発売されると、PCエンジンを買い、セガ・サターンで発売されると、セガ・サターンを買い、ドリームキャストで発売されると、ドリームキャストを買う。 先日、役目を終えたゲーム機を、ゲーム倉庫に買いとってもらったら、ハード四体、付属品込みで、300円だった。 まあ、お前はそれでいいや。 進化していくファイプロで、画期的…

続きを読む